[PHP]Local by Flywheel で簡単にWordPressのローカル開発環境を構築

WordPress のテーマやプラグインの開発環境を準備するには、Local by Flywheel を使うと難しい作業を行うことなく簡単に環境構築ができます。

このツールは Mac と Windows の両方に対応していて、それぞれ専用のインストーラーが用意されているので公式サイトからダウンロードすればすぐにインストールできます。
Local は内部的に Virtualbox と Docker を使っており、複数の WordPress サイトを管理することができます。サーバーは NGINX または Apache を選択でき、PHP のバージョンや サイトの URL 等もすべて Local の設定画面から変更できます。

続きを読む[PHP]Local by Flywheel で簡単にWordPressのローカル開発環境を構築

[PHP]DockerでPHP, MySQL(MariaDB), nginxを使ったローカル開発環境を構築する

Docker とは軽量な仮想化環境を構築するためのツールで、ウェブサーバーやデータベースなどの機能に関連するコンテナーを組み合わせればウェブサイト制作のためのローカル開発環境を簡単に構築することができます。

一般的にローカル開発環境を作る場合、使っているコンピュータ(ホストOS)に直接ウェブサーバーやデータベース機能をインストールするか、Vagrant + VirtualBox を使ってコンピューター上にもう1つの仮想の OS(ゲストOS)をまるごとインストールし、その中に環境を構築していました。

ホストOSに直接開発環境を揃える前者のやり方はマシンによって構築方法が異なったり、バージョンの切り替えが難しかったりするなど、開発チーム内で構築方法を揃えるのは困難でした。

ゲストOS上に Linux(Ubuntu や CentOS など)をインストールし、その中に環境を構築する後者の方法は本番環境とほぼ同じ状態を再現できるため人気がありますが、1台のコンピュータ上で2つの OS を稼働させるには高性能なコンピュータとリソースが必要となります。

続きを読む[PHP]DockerでPHP, MySQL(MariaDB), nginxを使ったローカル開発環境を構築する

[PHP]LaravelでBladeテンプレートの読み込み元を一時的に変更する

基本的に Laravel で使われている Blade テンプレートファイルは config/view.php の paths で指定されたフォルダから読み込まれます。配列になっており、先に書いたフォルダから優先的に読み込まれる仕組みです。

続きを読む[PHP]LaravelでBladeテンプレートの読み込み元を一時的に変更する