[PHP]Symfonyを使ったメールフォームの作り方

Facebook にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
Pocket

フレームワーク Symfony 4.0 を使ってメールフォームを作ります。新規プロジェクトとして作っていくのですでに作成済みの箇所は読み飛ばして下さい。

Symfony のインストール

本体のインストールは Composer で行います。「symfony-contact」の部分はプロジェクト名なので好きな名前に書き換えて下さい。

composer create-project symfony/skeleton symfony-contact

コントローラー

Symfony のコントローラーは src/Controller フォルダにあります。「ContactController.php」ファイルを作成して下さい。
今回必要なページはフォーム画面と送信完了画面です。Symfony ではルーティングの方法がいくつかありますが、今回はコントローラーのアノテーション(コメント)を使います。

メールフォームを作成する上でいくつかのコンポーネントをインストールする必要があります。


アノテーションによるルーティングを行うためのコンポーネント

composer require annotations

フォームを表示するためのコンポーネント

composer require form

CSRF(クロスサイトリクエストフォージェリ)対策のためのコンポーネント

composer require symfony/security-csrf

バリデーション(入力値の検証)を行うためのコンポーネント

composer require validator

メールを送信するための Swift Mailer

composer require mailer

コントローラーの全体像は次のようになりました。

<?php
namespace App\Controller;

use Symfony\Bundle\FrameworkBundle\Controller\Controller;
use Symfony\Component\Routing\Annotation\Route;
use Symfony\Component\HttpFoundation\Request;
use Symfony\Component\Validator\Constraints as Assert;
use Symfony\Component\Form\Extension\Core\Type\TextType;
use Symfony\Component\Form\Extension\Core\Type\EmailType;
use Symfony\Component\Form\Extension\Core\Type\TextareaType;
use Symfony\Component\Form\Extension\Core\Type\SubmitType;

class ContactController extends Controller
{
    /**
     * @Route("/contact", methods={"GET", "POST"}, name="contact")
     */
    public function form(Request $request)
    {
        $form = $this->createFormBuilder()
            ->add('name', TextType::class, [
                'constraints' =>[
                    new Assert\NotBlank(),
                    new Assert\Length(['max' => 100])
                ]
            ])
            ->add('email', EmailType::class, [
                'constraints' => [
                    new Assert\NotBlank(),
                    new Assert\Email()
                ]
            ])
            ->add('message', TextareaType::class, [
                'constraints' => [
                    new Assert\NotBlank()
                ]
            ])
            ->add('submit', SubmitType::class, ['label' => 'Submit'])
            ->getForm();

        $form->handleRequest($request);

        if ($form->isSubmitted() && $form->isValid()) {
            $data = $form->getData();
            $this->send($data);
            return $this->redirectToRoute('contact_result');
        }

        return $this->render('contact/form.html.twig', [
            'form' => $form->createView(),
        ]);
    }

    public function send($data)
    {
        $subject = 'Test Mail';
        $message = (new \Swift_Message($subject))
			->setFrom('from@example.com')
			->setTo('to@example.com')
			->setBody(
				$this->renderView(
					'emails/contact.html.twig',
					[
						'name' => $data['name'],
						'email' => $data['email'],
						'message' => $data['message']
					]
				),
				'text/html'
			);

        $this->get('mailer')->send($message);
    }

    /**
     * @Route("/contact/result", methods="GET", name="contact_result")
     */
    public function result()
    {
        return $this->render('contact/result.html.twig');
    }
}

createFormBuilder() でフォームを作っています。今回の入力項目は名前、メールアドレス、本文の3つで、それぞれを add() で追加しています。constraints がバリデーションルールで、必要に応じてルールを追加します。利用可能なルールについてはこちらを見て下さい。

ビュー

ビューを表示するためには Twig テンプレートエンジンをインストールします。

composer require twig

ビューファイルは templates フォルダに作成していきます。今回は Bootstrap 4 を利用するのでひとまず base.html.twig の <head> に次の行を追記します。

<link rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.0.0/css/bootstrap.min.css" integrity="sha384-Gn5384xqQ1aoWXA+058RXPxPg6fy4IWvTNh0E263XmFcJlSAwiGgFAW/dAiS6JXm" crossorigin="anonymous">
<script src="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/bootstrap/4.0.0/js/bootstrap.min.js" integrity="sha384-JZR6Spejh4U02d8jOt6vLEHfe/JQGiRRSQQxSfFWpi1MquVdAyjUar5+76PVCmYl" crossorigin="anonymous"></script>

次に contact フォルダを作り、その中に contact.html.twig ファイルと result.html.twig ファイルを作ります。

contact.html.twig

{% extends 'base.html.twig' %}

{% block body %}
<div class="container">
    {{ form_start(form) }}
        {{ form_errors(form) }}

        <div class="form-group">
            {{ form_label(form.name) }}
            {{ form_widget(form.name, {'attr': {'class': 'form-control'}}) }}
            {{ form_errors(form.name) }}
        </div>

        <div class="form-group">
            {{ form_label(form.email) }}
            {{ form_widget(form.email, {'attr': {'class': 'form-control'}}) }}
            {{ form_errors(form.email) }}
        </div>

        <div class="form-group">
            {{ form_label(form.message) }}
            {{ form_widget(form.message, {'attr': {'class': 'form-control'}}) }}
            {{ form_errors(form.message) }}
        </div>

        <div class="form-group">
            {{ form_widget(form.submit, {'attr': {'class': 'btn btn-primary'}}) }}
        </div>
    {{ form_end(form) }}
</div>
{% endblock %}

result.html.twig

{% extends 'base.html.twig' %}

{% block body %}
<div class="container">
    <div class="card">
        <div class="card-body">
            <h3>Thanks.</h3>
            <p>Your email has been successfully sent.</p>
        </div>
    </div>
</div>
{% endblock %}

メールの送信

メールを送信するには送信サーバーの設定が必要です。先程の mailer コンポーネントをインストールすると .env ファイルに設定箇所が追加されるので、MAILER_URL の部分をお使いのメールアカウントに合わせて書き換えて下さい。
詳細についてはこちらをお読み下さい。

次にメールの文面を用意します。場所は templates/emails です。

contact.html.twig

<p>Name: {{ name }}</p>
<p>Email: {{ email }}</p>
<p>{{ message|e|nl2br }}</p>

これでメールフォームは完成です。


Bootstrap や Foundation などの有名な CSS フレームワークを使う場合は今回のように手作業でクラス名を付けずに Form Themes を利用するという手があります。見た目をビュー以外でコントロールする構造は賛否が分かれるところではありますが簡単に変更できるので必要に応じて使ってみて下さい。


Similar Posts:




  • This entry was posted in PHP and tagged . Bookmark the permalink.

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。