[PHP]トランプのブラックジャックを作る

Facebook にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
Pocket

ブログに載せられる程度の行数でトランプゲームの一種、ブラックジャックを作ってみました。

ルールとしては、二人のプレイヤーがそれぞれ二枚のランダムなカードを持った状態でスタートし、手札の合計を考慮した上でカードを引く(Hit)か、そのまま(Stand)を選びます。

最終的に手札の合計が 21 に近いほうが勝ちなのですが 21 を超えてしまうと負けとなります。(バースト)

ジャック・クイーン・キングはいずれも 10 として計算され、エース(A)は 1 か 11 か好きなほうとしてカウントできます。

<?php
session_start();

$end_game = false;		//終局フラグ
$cards	 = array();		//山札
$player	 = array();		//プレイヤーの手札
$opp	 = array();		//対戦相手の手札

if(!isset($_GET['reset'])){
	if(isset($_SESSION['cards']))		 $cards	 = $_SESSION['cards'];
	if(isset($_SESSION['player']))		 $player = $_SESSION['player'];
	if(isset($_SESSION['opponent']))	 $opp	 = $_SESSION['opponent'];
}

if(isset($_SESSION['cards']) && !isset($_GET['reset'])){
	$cards = $_SESSION['cards'];
} else {
	$cards = init_cards();
	//2枚ずつカードを配る
	$player[]	 = array_shift($cards);
	$player[]	 = array_shift($cards);
	$opp[]		 = array_shift($cards);
	$opp[]		 = array_shift($cards);
}

if(isset($_GET['hit'])) $player[] = array_shift($cards);

//対戦相手の思考と終局判定
if( isset($_GET['hit']) || isset($_GET['stand']) ){
	$threshold = 15;	//ヒットするしきい値
	if( sum_up_hands($opp) < $threshold ){
		$opp[] = array_shift($cards);
	} else if( isset($_GET['stand']) ){
		$end_game = true;
	}
}

//合計
$player_total	 = sum_up_hands($player);
$opp_total		 = sum_up_hands($opp);

if($player_total > 21 || $opp_total > 21) $end_game = true;

$_SESSION['cards']		 = $cards;
$_SESSION['player']		 = $player;
$_SESSION['opponent']	 = $opp;

function init_cards(){
	//山札を用意する
	$cards = array();
	$suits = array('spade', 'heart', 'diamond', 'club');

	foreach($suits as $suit){
		for($i=1;$i<=13;$i++){
			$cards[] = array(
				'num' => $i,
				'suit' => $suit
			);
		}
	}
	shuffle($cards);
	return $cards;
}

function sum_up_hands($hands){
	$ace = 0;
	$total = 0;
	foreach($hands as $card){
		$num = $card['num'];
		if($num > 10){
			$total += 10;
		} else if($num === 1){
			$ace++;
			$total += 1;
		} else {
			$total += $num;
		}
	}
	//Aの処理
	if(!empty($ace)){
		$add = 10 * floor( (21 - $total) / 10 );
		if($add > 0) $total += $add;
	}
	return $total;
}
?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<title>Black Jack</title>
</head>
<body>
<p>Your Hand: 
<?php
foreach($player as $card){
  echo $card['num'] . ' ';
}
?>
<br />
Total:
<?php
echo $player_total;
if($player_total > 21){
	echo ' Burst';
} else if($end_game === true && $player_total > $opp_total){
	echo ' Win';
}
?>
</p>

<hr />

<p>Opponent's Hand: 
<?php
foreach($opp as $card){
  echo $card['num'] . ' ';
}
?>
<br />
Total:
<?php
echo $opp_total;
if($opp_total > 21){
	echo ' Burst';
} else if($end_game === true && $opp_total > $player_total){
	echo ' Win';
}
?>
</p>

<hr />

<ul>
  <?php if($end_game === false):?>
  <li><a href="?hit">Hit</a></li>
  <li><a href="?stand">Stand</a></li>
  <?php endif;?>
  <li><a href="?reset">Reset</a></li>
</ul>
</body>
</html>

ゲームデータの保持にはファイル一つで済ませるためにセッションを使いました。
カードはスート(スペードなどの4種類のシンボル)ごとに配列の形で生成され、shuffle() を用いてシャッフルされます。
カード一枚は、スートと数値で構成されています。

カードを引く動作は array_shift() で行います。
カードを引くかどうかの選択は GET のパラメータで判断する仕組みです。

エースの扱いがやや難しいですが、式としてはシンプルになりました。
ひとまず全て 1 として計算した上で、バーストしない範囲で 10 ずつ足すという形です。
要するに上限の 21 からエースを 1 として扱った場合の合計を引き、それを 10 で割った整数部が 11 として扱えるエースの枚数になります。すでに 1 として合計済みなので、一枚につき 11 を足さずに 10 を足します。

対戦相手の思考は単純で、手札の合計がある値よりも小さければカードを引き、大きければスタンドします。
両者ともにヒットしていないか、どちらかがバーストしていればゲーム終了となり、勝敗を判定します。

ゲームと呼ぶには文字ばかりでおもしろみがありませんが、
内部的にはハートやダイヤなどの情報も持っているので、カードのグラフィックを用意してみるとそれらしくなると思います。


Similar Posts:




  • This entry was posted in PHP and tagged , , . Bookmark the permalink.

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。