[PHP]OpenSSLを使った文字列の暗号化と復号

Share on Facebook
Bookmark this on Delicious
LINEで送る
Pocket

PHP には mcrypt という暗号化に関する拡張モジュールがあるのですが長年放置されてしまっているため現在は OpenSSL を使った暗号化が一般的です。
基本的にはパスワードと初期化ベクトル(Initialization Vector)を用いて暗号化と複合を行います。暗号化に利用できる方式はサーバーによって異なるため、事前に openssl_get_cipher_methods() を使って利用可能な暗号化方式を確認しておきます。

<?php
// 暗号化するデータ
$data = 'Hello, World!';

// パスワード
$password = 'password1234';

// 利用可能な暗号化方式一覧
//$methods = openssl_get_cipher_methods();

// 暗号化方式
$method = 'aes-128-cbc';

// 方式に応じたIV(初期化ベクトル)に必要な長さを取得
$ivLength = openssl_cipher_iv_length($method);

// IV を自動生成
$iv = openssl_random_pseudo_bytes($ivLength);

// OPENSSL_RAW_DATA と OPENSSL_ZERO_PADDING を指定可
$options = 0;

// 暗号化
$encrypted = openssl_encrypt($data, $method, $password, $options, $iv);
var_dump($encrypted);

// 復号
$decrypted = openssl_decrypt($encrypted, $method, $password, $options, $iv);
var_dump($decrypted);

結果は base64_encode() された状態で返ります。元のバイナリデータが必要な場合 $options に OPENSSL_RAW_DATA を指定して下さい。

ログイン用パスワードをデータベースに保管する場合など、復号の必要が無い場合は password_hash() の方を利用するのが安全です。

【参考】 OpenSSL関数(http://php.net/manual/ja/ref.openssl.php)


Similar Posts:




  • This entry was posted in PHP and tagged , . Bookmark the permalink.

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。